計画された予定をなぞりつつ、今を生きることについて

日々考えていること

ここ数日間ですごく思うことのメモ。

「あなたの10年後になっていたい姿はなんですか」

っていう質問は就活とかではよく聞かれる質問な気がしていて、この質問に対しての答えを考えることにはそれなりに意味のあることだと思う。誰かが言っていたけど、自分の未来に対して曖昧でもイメージを持っておくことが、自分の計画の実現度を大幅にあげることにもなるし。

だから僕自身も一時期将来の計画についてはかなり考えていて、一応100歳までに何がしたいかは口では言えるようになっているし、現在は24歳までに実現したいことに向けて活動をしている。

今を生きているか

ただ時々思うのは、計画された人生を生きていることによって今を生きれてないんじゃないかっていうこと。常に活動の目的に理由をつけたがる癖が最近ついている気がする。楽しかったからこれをするってのが最近少ない。いや、やっていることは楽しいんだけど、どちらかというと好奇心より目的が先にくる感じ。総じて、周りの一生懸命頑張っている人に比べたら今を生きれてない気がたまにします。僕が尊敬している人ってのは大抵、今が忙しすぎてかつ楽しすぎて、先の予定なんて考えられない(考えてはいるけど)っていう人が多い気がする。

人生をかけているか

今何がしたいのか、は明確には見えてない。今この瞬間に人生をかけれていないと思う。なので現在は検証期間です。

国内インターンや海外インターンをきっかけに、プログラミングと0→1を作ることは、相対的に他の事よりも楽しいと感じるので、そちらの方面を極めてみようかと思います。残り休学半年間、頑張ります。

コメント